宮城とおこ:発熱We-blog

お仕事情報告知ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

新れんさい 

 

梅雨

なんだかだんだん蒸し暑くなってまいりました、こんにちは。
ゴールデンウィーク中の雨の降った日についレインブーツを衝動買いしてしまいましたが
そもそもほとんど外に出ないだろ、と自己つっこみしている次第です。

それからすみません、FC2の都合なのか
知らないうちにこのブログのURLが変更になってました。
もうちょっとちゃんとするように心がけます…


さて前回お知らせしました通り、6月発売からあすかさんでまた
連載を始めさせていただくことになりました。
今度の連載は完全なオリジナルではなく、元ネタありでして。
平安時代の擬古物語「有明けの別れ」をベースにして、
現代風(?)ファンタジーに作り変えたものです。
翻案、ということになるのかな。
全体の内、巻一部分のみです。

話の流れやキャラクターは有明けそのまんまではなく、
生きているはずの人が死んでいたり、いないはずの人がいたり
まったく元ネタに無いエピソードが話の大きな要素を占めていたりします。
ので、「有明けの別れ」の筋を知っておられる方は
かなり違和感を持たれるかもしれません。

とはいえ「有明けの別れ」が発想の元になっているので、原作として併記すべきか
担当さんを通じて角川さんの法務部に聞いてもらったところ
話の筋がかなり変わっていることなどから
単行本になる際に巻末で元ネタがあるということに触れ
参考にした文献を明記するという形になりました。

参考にした対訳は以下の通りです。

■大槻修著「有明けの別れ―ある男装の姫君の物語 (全対訳日本古典新書)」(創英社)


掲載情報はこちら。

2012年6月23日発売予定
株式会社角川書店月刊あすか8月号「月の沈むまで」カラー3P+本文36P
※あすか27周年記念直筆色紙プレゼント有

今月の予告は仮題だったのでタイトル代わってます。

一応没ラフなんかも載せてみます…カラーの見開き用に描いたやつです。
担当さんに「普通じゃないですか」と言われて没になった…
あんまりきれいに直してません、そのまんまで。

没ラフ


…と、今回はこんなところですかね。
気候が変動しやすい時期なので体調にはお気をつけ下さい。
私的にはレインブーツの活躍の機会があるといいな…夏前までに…と祈っておきます。
スポンサーサイト

category: 最新情報

tb: --   cm: --

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。